紙袋 製作

オーダー紙袋の注文から製作までの過程

紙袋を作りたいとお考えの方に、その注文方法や製作までの過程をご紹介します。既製品のデザインではなく、こだわりのデザインで紙袋をオーダーしたいのであれば、紙袋製作をしている企業のWEBサイトより見積もりを出してもらいます。紙の質やサイズ、印刷色数、加工の有無、紐の種類や取り付け方、枚数などで選択します。予算や希望に応じて見積もってもらえますので、あなたのコストやデザインに合ったものや会社を選択できます。フルオーダーしたいのか、ある程度既成のものでオーダーするのかによっても、見積もりが変わってきますので、必要なロット数や予算などに合わせて考えるとよいでしょう。オーダーする会社が決まったら、デザインデーターの製作・送信、実際の紙袋へのデザインを受け取った後、印刷してもらうという流れです。

紙袋を製作するときに必要なポイント

紙袋の製作には何が必要かというと、第一にはデザインです。会社のロゴやイラストなどのデザインをどのように配置し、印刷するのかを決める必要があります。印刷色数によっても、見積もり価格が変わってくるので、慎重に考えたいものです。次に紙の素材です。紙質にもいろいろあり、普通のクラフト紙なのか、コーティング素材なのか、しっかりとイメージを固めておきたいところです。紙袋のデザインの決め手ともなるハンドル部分には、アクリル紐や紙紐のほか、サテンリボンや平紐など、豊富な種類やカラーから選ぶことができ、こだわりを表現できます。中に入れるものによって、手に触れる部分で印象は大きく異なるため、大切な要素となります。こだわればこだわるだけ、イメージ通りにすることが可能ですが、最終的には必要な枚数に対する予算との兼ね合いが決め手となるのではないでしょうか。

紙袋の製作にはデザインや使い勝手にこだわりを

紙袋の目的に応じて、デザインの効果は絶大です。百貨店などで入れてもらえるような紙袋であれば、しっかりした素材のものが多く、それによってステイタスを感じる方も多いです。紙袋を持って歩くことで、宣伝効果は絶大で、それがよりしっかりした素材のものであればなおさらです。エコライフの推奨から、お買い物にはマイバッグの利用がささやかれていますが、企業のイメージを宣伝するツールとして考えられていることもあり、少し過剰に感じることもあるかもしれませんが、人の目に留まるような紙袋がデザインされているというわけです。つい製作コストメインで考えてしまいがちですが、広告宣伝も兼ねていると考えれば、決して無駄にはなりません。質の良さや使いやすさ、デザインの良さなどがポイントになりますので、こだわりを持って製作してください。